Tuesday, July 12, 2011

グーグルプラス(Google+)

最近、グーグルはグーグルプラスというソーシャルネットワークをリリースしました。最初は登録を限定していて、いまでも制御しているみたいですが、基本的にグーグルアカウントを持っていて招待があれば入れます。

フェースブックとある程度似ているけど、違う面もあります。僕は結構気に入ったところが携帯電話で握った写真を自動的にG+にアップロードします。アップロードされている写真が最初は自分しか見えない状態で、どなたに見せるかを決めるわけです。

共有、公開などが一般公開(どなたでも見える)から一人のみということができます。g+ではサーカル(輪)を他のグーグルプラスのメンバーを入れて整理します。例えば、僕の場合は「Japan」、「仕事同僚」、「グーグル」、「友達」、「家族」などのサーカルをとおして整理しています。

自分としてはがっかりした点がneohawk.orgの独自ドメインでブログ、メールなど、オンラインアイデンテティ(?Identity)を作っています。Neohawk.org はグーグル・アップスを利用しています。残念ながら、グーグルアップスのアカウントでグーグルアップスに参加することができないんです。これがグーグルBuzzと同じ問題です。

結局はプロフィルが問題になっていて、どのようにグーグルアップにプロフィルを提供するかは解決できてないままです。 AppsをBuzzのユーザーに提供するぞといったのが一年前ぐらいですが、まだできていない。同様にグーグルプラスに提供するぞと約束しているのですけど、一切いつごろ提供するかを一言も言っていません。

残念です。
Post a Comment